catch-img

プレスリリースの新しい潮流。「想い」を伝える「リーン・プレスリリース」とは

従来、正式な文章を書き、PR TIMESなどを使って配信していたプレスリリースが、発信力のあるブログで、砕けたフォーマットで書かれることが増えている。

名付けて、「リーン・プレスリリース」。今回はその事例や効果、実際に自社でやってみての感想を書いてみる。

従来のプレスリリース

『プレスリリース』は、新サービスの発表や新機能のリリース時に配信されることが多く、日経新聞などの大手メディアに掲載されることを狙ったり、ユーザ獲得、資金調達をやりやすくするなどの目的で活用される。

一般的なフォーマットとしては

  • タイトル
  • 要約
  • 本文(背景の説明、サービス説明、目標・今後の方向)
  • 連絡先


を含んだ文章を作成し、PR TIMESなどの一括配信サービスや、メディアや記者に個別に送る流れ。ところが最近、新サービスのリリースを、オウンドメディアやブログ、noteなどで配信する例が出てきている。

リーン・プレスリリースの例

1.グッドパッチ社のスタートアップ支援サービス


デザイナーがいないスタートアップを支援します

https://note.mu/naofumit/n/nab2b424fb3a2

こちらはUXデザインで有名なグッドパッチ社の事例。会社のお知らせではなく、代表の土屋さんのnoteで、スタートアップ向けのデザイン支援サービス(限定1社)の告知がされている。

2.UXデザインチーム デザラボのプロダクト開発相談サービス


デザラボ

https://bit.ly/2xwqEdW

UXデザインチーム「デザラボ」のUXデザインの定額相談サービス。こちらは問い合わせはGoogleフォーム、申込みはpaymoで受け付けてるのが今っぽい。

リリースの背景にある想いを『僕たちは、低予算の仕事を放棄しない。 – デザラボ – Medium』に書いているのもブログベースで発信している効用でしょうか。

3.リザーブリンク社の予約やサービスマーケティングの相談サービス


予約ラボ

http://yoyakulab.net/knowhow/yoyakulab-sodan-service/

SaaS型予約管理システム「ChoiceRESERVE」を提供するリザーブリンク社は、自社のオウンドメディアで、新しいサービスを告知。問い合わせも、オウンドメディア内のフォームと、Facebookメッセンジャーを使ってる。

4.フリーランスWebデザイナーの方のWebデザインの添削サービス


arutega

https://arutega.jp/art-direction/


フリーランスWebデザイナーの方のサービス告知。申込みはnoteからで、支払いもnoteの投銭機能を使っていて新鮮。

5.税理士事務所のプレスリリース


プレスリリース掲載画像

http://denco.blog.jp/archives/75548138.html

税理士事務所さんの広報をフリーランスで手伝っている方が、個人ブログでプレスリリースを掲載している珍しい形式。広報パーソンも個人として発信力があると強そう。

Amazon流のプレスリリース活用術

近い話として、Amazonでは製品開発をする際、まずは最初にプレスリリースを書くらしい。プレスリリースをもとに、社内のプロダクトマネージャーやバイスプレジデントなどが議論を行い、新製品の企画内容を検討。プレスリリースで社内の合意形成ができなかったり、ユーザーに響かない場合は、プロジェクト化せずに製品は作らないという。

参照:「すべてプレスリリースから考えよ」アマゾンジャパンのPMに学ぶ仕事の流儀とキャリア展望【及川卓也のプロダクトマネジャー探訪】 – エンジニアtype | 転職@type

プレスリリースを作成する中で、「誰が」「どんな課題を抱えていて」、「企画を形にすると、どのような利点があるか?」を明確にできるので、新製品の最小のリリース単位としてプレスリリースを活用できるのだろう。

Amazon流の開発術では、まずプレスリリースを作る』にも詳しく紹介されているが、

プレスがユーザーに響かなかった時点でプロジェクトはボツ。そもそもその商品は作らない。これにより見当違いな商品を作るリスクを、一番最初の段階で低コストに回避できる。


を狙っているようだ。

自社でやってみての振り返り

これらの例や情報を見ていたので、先日、自社で新しいサービスをはじめた際に『リーン・プレスリリース』を試してみた。


マーケティングの相談役サービスをはじめました

https://sairu.co.jp/doernote/news/0002

やってみての感想としては

  • 30分で作成&公開でき、簡単
  • ブログに書くだけなので無料
  • ただし、ブログに発信力が必要
  • 正式サービス化するか、反応を見て決められるなど、仮説検証に使いやすい


といった感じ。

プレスリリースは体裁上、どうしても事実を淡々と述べる堅い感じになりやすいので、『想い』や『ストーリー』を伝えたい場合は、有効な施策かもしれない。

毎回のプレスリリースが、大手メディアに取り上げられる必要はない。ブログやSNSでシェアした方が拡散する場合もあるだろうし、うまく使い分けていきたい。

著者/ 栗原 康太
株式会社才流 代表取締役社長

2011年にIT系上場企業に入社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ。事業部長、経営会議メンバーを歴任。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げる、株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。 より良い物事の捉え方・進め方を「サイル式メソッド」として発信しています。

この著者のSNSアカウント