BtoBマーケティングでは、絶対にアウトソース活用をおすすめする。 | DOER NOTE

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

社長ブログ

BtoBマーケティングでは、絶対にアウトソース活用をおすすめする。
栗原 康太
  • 著者/栗原 康太
  • 株式会社才流 代表取締役社長

BtoBマーケティングでは、絶対にアウトソース活用をおすすめする。

BtoBマーケティングにおいては、様々な事情を勘案するとアウトソース活用がベターな戦略だ。同領域において10年の経験を持つプロフェッショナルである株式会社才流・代表取締役の栗原康太が解説する。

 

マーケティングをアウトソースしたほうが良い理由

今回は、BtoBマーケティングでアウトソースを活用したほうが良い理由について解説させていただきます。要点は、以下の4つです。

 

1)BtoBマーケティングの経験者は絶対数が少ない
2)社内リソースでの兼務は、様々な弊害がある
3)アウトソースする場合は、全体最適を図れる人材に
4)外部の知恵は、マーケティング組織に欠かせない

 

一つひとつ解説させていただきます。


BtoBマーケティングの経験者は絶対数が少ない

ほんの10年前まで、BtoB企業では、営業がテレアポや飛び込みをして、商談機会を獲得。その後、何度も訪問し、受注につなげるといったやり方が主流でした。しかし、現在はテレアポはなかなか繋がらないし、飛び込み営業NGの会社も多くなっています。

 

一方で、デジタルにおいては様々なタッチポイントが増えており、マーケティング施策の選択肢が増えています。

 

そうした中での問題として「BtoBマーケティングの経験者が少ない」ということがあります。法人営業の経験者は非常に多いのですが、これまでマーケティング部門があるBtoB企業は少なく、宣伝部が営業部と協働して展示会への出展、業界紙への広告出稿などを行なうケースが多く、Webサイトの運営も広報部門が管轄。「マーケティング」業務を経験している人はかなり少ないと思います。

 

広告代理店、制作会社側にネット広告運用、Webサイト制作/運用の経験者は増えたのですが、「マーケティング業務全般」を経験している人はほとんどいない。DOER NOTEでも紹介したキーエンス社などは、稀有な例でしょう。

※『キーエンスのWebマーケティングが凄すぎるので、解説してみた


社内リソースでの兼務は、様々な弊害がある

BtoBマーケティングを強化しようとする場合、営業や広報、会社の立ち上げ期であればCOOが兼務するケースがあります。しかし、誰もBtoBマーケティングの知見を持っていない中での兼務は手探り状態になり、非効率な打ち手が増え、スピード感が出ず、結果として手が止まりやすくなったり、成果が出ないケースも多く見てきました。

 

 

ではBtoBマーケティングの経験者を採用をしようと思っても、これも難しい。前述のように市場に、経験者がほとんどいないためです。採用には時間とコストがかかりますし、採用できるかもわかりません。

 

良いBtoBマーケターが転職市場に出てくるのを待つのは、現時点では難しいと言えるでしょう。

 

アウトソースする場合は、全体最適を図れる人材に

では、外部の会社にアウトソースする、というアイデアはどうでしょうか。

 

ここでの注意点は、戦略と施策を連動させ、部分最適・手段が先行しないために、目的や上流工程を相談できる人や会社に依頼した方が良いということです。

 

よくわれわれは「ドーナツ化現象」と話すのですが、例えばマーケティングの数値目標があるとして、達成するための手段としてはSEO、コンテンツマーケティング、セミナーなどがあります。しかし、それらを「いつ」「どの順番で」「何のために」実施すればいいのか。ツールもたくさんありますが、どのツールをいつ使うのか、そこを理解する必要があります。

 

 

私自身が強くそうあるべきだと思って自社の提供サービスを設計していますが、マーケティング活動の成否を分けるのは「全体最適」です。加えて、戦略を描けるだけでは不十分で、実行もできる、あるいは実行部隊のネットワークを持っているところとパートナーシップを持てればなお良いですね。

 

才流(サイル)では提供サービスを「DOER」(実行者、行動を重んじる人)と銘打っているように、マーケティング活動も結局やるかやらないかです。よほど社内の実行力と実行リソースが強力でない限り、戦略を描くことのみに特化したコンサルへの発注は、あまりしないほうがいいと思います。

 

内製かアウトソースか

では、施策を実行しようとした時に、社内のデザイナーやエンジニアのリソースを使う、というアイデアはどうでしょうか。こちらも留意する点があります。

 

というのは、彼らは自社プロダクトを開発・向上させるために採用されているわけです。当然ながら自社プロダクトの開発の優先順位が高い。Webサイトを作ったり改善したり、あるいはパンフレットを作ったりすることの優先順位が低くなり、スピーディーな施策実行が難しくなるケースが多いです。

 

現在はアウトソース先が多くあり、フリーランスの方に業務委託で依頼することも当たり前になってきている時代です。内製とアウトソースの切り分けは、真剣に検討すべきテーマでしょう。

 

外部の知恵は、マーケティング組織に欠かせない

アウトソースの利点は、もう一つあります。「外部の知恵」を入れることは、あらゆる組織にとって重要だということです。第三者の構造的優位性ということは「サイル式メソッド」でも言及しているのですが、要するに自分1人では「客観視」ができません。

 

 

サッカーと一緒でフィールドプレーヤーの視点、監督が見た視点、コーチの視点、観客の視点、テレビのお茶の間からの視点、すべて異なります。どれぐらい投資するかはさておき、複数の視点を持っておくに越したことはありません。視点が複数あったほうが物事が進みやすくなる構造は確実にあると思いますし、完全に自社完結するのはおすすめしません。

 

当社自身も実感することですが、マーケティングメッセージを作ったり、営業資料を作っていると、自分たちの想いが優位に立ちすぎる時があります。ユーザーニーズをピュアに拾えないというか。ユーザー視点になることは難しいし、原理的に不可能だとすら思います。

 

さらに、外部の視点は、あらゆる組織にとって重要ですが、マーケティングは特に、外部の視点を取り入れるメリットが大きい分野です。とにかく、ここ20年で、マーケティングの世界は複雑化、高度化してきています。

 

 

単純に、顧客とのタッチポイントが増加していますし、それぞれのタッチポイントでやれることも増えている。SNSひとつとっても、公式アカウントの運用から、LINEやFacebookのタイムラインに表示されるインフィード広告、ソーシャルメディア上の口コミ分析まで、やれることは本当に多い。

 

社内だけでノウハウや人的リソースを確保するのはもはや不可能。外部の知見を借りながら、プロジェクトを進める必要があります。

 

再度、要点をまとめます。

 

1)BtoBマーケティング経験者は絶対数が少ない
2)社内リソースでの兼務は、様々な弊害がある
3)アウトソースする場合は、全体最適を図れる人材に
4)外部の知恵は、マーケティング組織に欠かせない

 

自社で持つ部分とアウトソースする部分を見極め、マーケティング活動を推進することをおすすめします。

栗原 康太
  • 著者/栗原 康太
  • 株式会社才流 代表取締役社長

2011年にIT系上場企業に入社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ。事業部長、経営会議メンバーを歴任。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げる、株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。 より良い物事の捉え方・進め方を「サイル式メソッド」として発信しています。

この著者のSNSアカウント

メルマガ登録

DOER NOTEの人気記事や運営の裏話を毎週月曜日に配信しています。


 

社長ブログ