コンテンツマーケはGoogleからYoutubeへ? データが示す動画の可能性 | DOER NOTE

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

マーケティング

コンテンツマーケはGoogleからYoutubeへ? データが示す動画の可能性
大久保亮佑
  • 著者/大久保亮佑
  • 株式会社ガイアックス ソーシャルメディアマーケティング事業部 副部長

コンテンツマーケはGoogleからYoutubeへ? データが示す動画の可能性

これまでのコンテンツマーケティングでは、オウンドメディアによるSEOが主流でした。しかし、今後はYoutubeがそのプラットフォームとなる可能性が出てきています。ソーシャルメディアラボ前編集長の大久保亮佑氏に、詳しい解説を依頼しました。

 

Youtubeへシフトする企業が出始めるのでは?

5年前位からよく聞かれるようになった、”コンテンツマーケティング”。この言葉と対応するように出てきた”オウンドメディア”。Googleトレンドで調べてみても、両者の検索トレンドは見事に対応しています。

 

Googleトレンドより

 

私は以前SEOサービスの法人営業をしていたのですが、この2つの言葉については当時下記のようなSEO文脈で話していました。

 

競合性の高いビッグキーワードや、購買行動に直結するトランザクショナルクエリだけのSEOを考えるのではなく、競合性が低い情報収集系キーワードで潜在顧客を集客し育成する、いわゆるコンテンツマーケティングをしていきましょう。その手段としてオウンドメディアでキーワードの受け皿となる記事コンテンツ制作に注力しましょう

 

本来コンテンツマーケティングにおける”コンテンツ”は記事コンテンツだけではないですし、届け方も検索エンジン経由だけではないのですが、この2つの言葉をSEOの文脈で使っている方も多いのではないでしょうか。つまり、Google検索からの流入(=SEO)を前提とした意味合いで。

 

しかしながらここ最近、コンテンツマーケティングの前提であった「Google」というプラットフォームから、徐々に「YouTube」というプラットフォームにシフトする企業が出始めるのではないかと思っています。本記事では、このYouTubeシフトについて考察してみます。

 

視聴時間が伸びているYouTube

言わずもがなですが、テレビの視聴時間は年々減少している一方、ネット系動画の視聴時間が伸びています。下記の通り、10・20代では特にネット系動画の視聴時間が年々長くなっています。

 

 

また、どのメディアで動画視聴しているかというとやはりYouTubeが圧倒的です。下記のグラフで示されている通り、PC/スマホ、年代・性別問わず、YouTubeで動画視聴しています。つまりこの2つのデータを基にすると、YouTubeでの動画視聴が伸びていると判断できます。

 

 

YouTubeは商品の発見・検索の場にもなっている

YouTubeは、単純に動画視聴時間が伸びているだけではありません。下記のデータの通り、10代にとってはYouTubeが「気になる商品を見つける場」にもなっています。

 

そしてこの調査が面白いのは世代間によって商品を見つけるプラットフォームが異なるということ。30代はGoogle検索で商品を見つけており、このデータからでもプラットフォームシフトの一端が垣間見えます。

 

参照:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=21418

 

下記は30代女性の調査データですが、気になった商品・サービスをYouTubeで検索したことのある方は40%という結果。30代も商品をより深く知る・確認するというところでは、テキストや画像メインのWebサイトではなくYouTubeを活用していると考えられます。

 

参照:https://www.cyberbuzz.co.jp/influencer_institute/research/30youtubeyoutube.html

 

企業視点で考えてみると、YouTubeは商品・サービスの発見~学習~購入前の確認まですべてのプロセスにおいて、ユーザーとの接点を持てるプラットフォームになっています。

 

CM置き場と化していた企業YouTubeチャンネル

一方、これまでの企業のYouTube活用はどのようなものだったかというと、恐らく以下の3つに集約されます。

 

①広告(TrueView)
②YouTuberタイアップ
③自社チャンネル

 

①②は分かりやすく、費用を払って情報を届ける方法。注目すべきは③のチャンネル活用です。多くの企業は、自社でコンテンツを制作しYouTube上のユーザーにアプローチする施策をしてきませんでした。そしてチャンネルに動画をアップする場合も、コンテンツとして消費できるようなものでなく、TVCMやプロモーション用動画をアップしている場合がほとんど。

 

auのチャンネルのように、既存顧客向けに機器の設定方法などの動画をアップしている企業もありますが、潜在顧客に向けたいわゆるコンテンツマーケティングを実施するための企業はこれまでほとんどありませんでした。

 

YouTubeチャンネルを活用した「イヴイヴ」

YouTubeをうまく活用してコンテンツマーケティングを展開しているのが、婚活マッチングアプリ「イヴイヴ」を運営するMarketDrive社。大手競合がひしめくマッチングアプリ市場に後発参入ながら、YouTubeを活用したマーケティング施策がハマり、サービスを伸ばしています。

 

参照:https://www.youtube.com/channel/UCMS3gJglLx5-uTgiD1JpTuA

 

ご覧のとおり、イヴイヴというサービスを一番に訴求するチャンネルではなく、あくまで「恋愛サポートメディア」としてチャンネルを運営。開設2年弱で累計再生回数1億回を超え、チャンネル登録者数も10万人を超えています。

 

アップされている動画も、TVのような作られたコンテンツではなく、素人インタビューというYouTube受けするリアルさのあるコンテンツになっています。

 

 

潜在顧客である出会いを求める男女に対して、異性の本音というコンテンツでアプローチ。動画の最後にしっかりとアプリの紹介をすることでアプリダウンロードに繋げています。


MarketDrive社にインタビューしたところ実際に高い成果も上げているとのことで、CPI(インストール単価)は業界平均の50%ほどで抑えられているとのことでした。

参照:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-56897/

 

イヴイヴの場合、YouTubeのコンテンツが

 

 

といったそれぞれのプロセスで役割を果たしており、YouTube上でうまくコンテンツマーケティングを実施している好事例となります。

 

GoogleからYouTubeへシフトする上での注意点

コンテンツマーケティングをする上で大事なポイントの1つが、どのようにコンテンツを届けるかという点です。GoogleとYouTubeでは、ユーザーのコンテンツ接触までが下記のように異なります。

 

Google:「キーワード」による「能動的な検索」
YouTube:「コンテンツ閲覧」による「半受動的なレコメンド」

 

Googleの場合、ユーザーが能動的に検索するので、どのようなキーワードで検索するかと、そのキーワードの背景にある課題・ニーズを満たせるコンテンツ制作が重要になります。

 

一方YouTubeの場合、検索流入が10~20%で関連動画等のレコメンドによる閲覧が60~80%を占めるチャンネルが多いので、ユーザーがどのようなコンテンツを好んで閲覧しているか? 発信したいコンテンツはYouTube上のどのようなコンテンツと関連性があるか? という点が重要になります。

 

また、能動的な検索ではないので、レコメンドされた動画が興味を引くテーマであり、目を引くサムネイルになっているか? という点が重要になります。

 

ちなみにYouTuberもこのような点を考慮してネタを企画しており、YouTuber界隈で同じ企画の動画をアップするのは、関連動画等のレコメンドで自分の動画を見てもらおうとすることが一因としてあります。

 

懸念点となる制作費

施策を進める上で一番のネックになるのが、やはり制作費用です。動画コンテンツ制作費用はテキストの記事作成費用よりも数倍かかるため、一歩目を踏み出せない企業も多いでしょう。

 

ただし、

 

 

などをすることによって、動画一本あたりのコストを下げることができます。先ほどの事例におけるMarketDrive社も、上記のような工夫をして動画一本あたりの制作コストを下げています。

 

また、過去のコンテンツが資産となり閲覧され続けるので、今後のプラットフォームシフトに備えて今からYouTubeチャンネルに投資しておくというのも考え方のひとつです。競合が始める前にファーストペンギンとして多くのコンテンツを持っておくことは、大きなアドバンテージになります。

 

おわりに

コンテンツマーケティングの主戦場がGoogleからYouTubeへシフトしてきそう、と書いてきましたが、ユーザーがYouTubeで能動的に検索する習慣がつき始めると一気にシフトが進むと思っています。意図を持ったユーザーにアプローチしたい企業は多いですから。

 

「なりたい職業ランキング」にYouTuberがランクインしましたが、個人が多様なコンテンツをアップすると検索の受け皿が増え、徐々に検索ニーズに耐えうるプラットフォームになっていくのではないかなと思っています。

 

その時にはコンテンツマーケティングという言葉と対応するのは、オウンドメディアではなくオウンドチャンネルになっているかもしれません。

 

【無料ダウンロード】BtoBマーケティングを成功に導くサイル式マーケティングメソッド
【無料ダウンロード】BtoBマーケティング戦略立案のTodoリスト

大久保亮佑
  • 著者/大久保亮佑
  • 株式会社ガイアックス ソーシャルメディアマーケティング事業部 副部長

(株)ガイアックス所属。2015年12月~2018年3月の約2年間、SNSマーケティング情報メディア「ソーシャルメディアラボ」編集長を担当。同期間で月間PV数・問い合わせ数2.5倍、問い合わせからの受注額は10倍以上に伸ばす。 現在、ソーシャルメディアマーケティング事業部の新サービスの開発を担当。

この著者のSNSアカウント

メルマガ登録

DOER NOTEの人気記事や運営の裏話を毎週月曜日に配信しています。


 

マーケティング