ガイアックス社が、継続的なメディア運用を成功させた方法。 | DOER NOTE

外部CMO型マーケティング支援 | 才流(サイル)

マーケティング

ガイアックス社が、継続的なメディア運用を成功させた方法。
大久保亮佑
  • 著者/大久保亮佑
  • 株式会社ガイアックス ソーシャルメディアマーケティング事業部 副部長

ガイアックス社が、継続的なメディア運用を成功させた方法。

SNSマーケティング情報を発信する「ソーシャルメディアラボ」前編集長の大久保亮佑です。

2015年12月~2018年3月の約2年間編集長を務め、月間PV数約2.5倍、月間問い合わせ数2.5倍、問い合わせからの受注額は10倍以上に伸ばしてきました。

最近ではオウンドメディア運営の相談も受けるようになったのですが、その中で感じることは、「継続的なメディア運営できている企業が少ない」ということです。

オウンドメディアで成果を出すためには、長期的な視点での継続的な運用が重要です。本記事では、私が編集長になった時を振り返りつつ、継続運用に必要な考え方をまとめます。

 

メディア運営はド素人。とりあえず現状分析

転職したタイミングで編集長になったはいいものの、前職の仕事は法人営業がメイン。メディア運営の実務経験は、ほぼありませんでした(笑)。そこで、とりあえず現状のメディアの立ち位置をまとめたいと思い、3C分析をしました。

 

競合分析

同じテーマを扱うメディアをみてみると、幸いにも継続的に更新を続けているメディアはありませんでした。しかし、定期的にSNSで話題になりそうな記事をアップしているメディアや、過去記事の蓄積で主要なキーワードでSEO流入が多そうなメディアはありました。

競合メディア分析の際は、SimilarWebで大まかに把握した上で、

 

 

をそれぞれチェックしました。

 

顧客/市場

クライアントにヒアリングしたところ、

“流れが早いSNS情報についていけない”
“各SNSのヘルプ情報は分かりにくい、他SNSとの比較になっていない”

という声が多くありました。実際に検索してみると、3年以上も前の情報や信憑性が薄い個人ブログのような記事が検索上位を占めており、SNSマーケティング初心者の私自身も不便さを感じておりました。

 

自社

最後に、自社のリソース状況。メディアに携わっていたのは、私と入社3ヶ月のインターン生(現編集長:小東)の2名。前述のとおり、私もインターン生もメディア業務初心者で、そもそも記事作成や編集の業務をほぼやったことがないという状態でした。(はじめてのWordPress入稿は1時間弱かかりました…笑)

ただ幸いにも、前職ではSEO関連のサービスの営業をしていたため、検索流入の増やし方や検索ユーザー行動を踏まえたコンテンツの知見はありました。

 

現状を踏まえての方向性

現状分析を踏まえて、メディアの方向性を下記のように定めました。

 

方向性

 

そして“やらないこと”も決めました。

 

やらないこと

※SNSがテーマのメディアにも関わらず、ほぼSNSアカウント運用をしていませんでした…

 

やらないことを決めることで、余計なことにリソースを割かずに継続的な運用に注力できます。また、方向性の輪郭がはっきりと浮かび上がり、推進力を高められます。

ここまでのピースがそろうと、自ずとやるべきことは決まってきます。

この方向に進むために、SNSマーケティングにおけるトップレベルの知見や、面白い企画力も必要ありません。メディア運営におけるセンターピンを、継続的に適切な情報を発信し続けられる「生産体制の仕組みづくり」として見据え、そこだけに集中して取り組みました。

 

すべてを一から経験しプロセスを細分化

「生産体制の仕組みづくり」に向けて何をやったかというと、まずは自分自身がメディア運営におけるすべてのプロセスを一通りやりました。

 

プロセス

キーワード調査/選定→企画→事前調査→記事骨子(執筆依頼書)の作成→執筆→編集→アイキャッチ画像作成→入稿・アップ→SNS上での発信→効果検証→リライト

 

それぞれのタスクを細分化して、インターン生や外部の業務委託の方が出来るレベルに落とし込み、安定的な生産体制を作っていきました。継続的な発信ができるようになってからは、自分自身が次の新しい取り組みをし、またそれをメンバーに任せるという事を何回も繰り返すことでメディアの成長につなげていきました。

 

“やらないことを決める”勇気と重要性

冒頭の問いに戻り、オウンドメディアの継続的な運用には何が重要かと聞かれれば、“やらないことを決める”のが一番重要だと考えます。

「戦略的思考が大事だ!」という一言で片付けてしまえばそうなのですが、やらないことを決めるのは勇気が必要。意識して決めきることが大事です。

上記のようなことが起こると、自社メディアの方向性以外にも手を出してしまいそうになるのです。

「やらないことを決め、愚直に進み続ける」。これが、ソーシャルメディアラボでやってきたことです。

大久保亮佑
  • 著者/大久保亮佑
  • 株式会社ガイアックス ソーシャルメディアマーケティング事業部 副部長

(株)ガイアックス所属。2015年12月~2018年3月の約2年間、SNSマーケティング情報メディア「ソーシャルメディアラボ」編集長を担当。同期間で月間PV数・問い合わせ数2.5倍、問い合わせからの受注額は10倍以上に伸ばす。 現在、ソーシャルメディアマーケティング事業部の新サービスの開発を担当。

メルマガ登録
DOER NOTEの人気記事や運営の裏話を配信しています。


 

マーケティング戦略立案・実行のスピードを上げたい企業へ

「マーケティングを強化したいが、社内にリソースがない・・」「マーケターの採用がスムーズに進まない・・」などの課題を持つ企業様向けに、戦略立案はもちろん、施策を「実行」するまでを徹底的にサポートします。

サービス紹介資料請求

マーケティング