学校紹介
_

学びの方針

サイルビジネス学院高等部では、ビジネスの課題発見から解決まで一気通貫で学ぶ

簿記や会計などの資格を取得したり、プログラミングやマーケティングの知識を身につけたり。ビジネスに興味を持ち、学ぶ高校生は増えています。しかし、その資格や知識をどのように活かせるのか。見えていない方も多いのではないでしょうか。

その理由は「そもそも何の問題を解決したいか」「どんなことを実現したいか」という根幹部分が抜け落ちているからです。資格や知識は、問題の解決や願望を実現する手段であり、ゴールではありません。

ビジネスを学ぶなら、まずは根幹から学びましょう。サイルビジネス学院高等部では「ビジネスの立ち上げ方」を扱うカリキュラムで、ビジネスの根幹となる課題発見から解決まで、一気通貫で学べます。

学びのドーナツ化現象
(ビジネスの場合)

高校生からビジネスの立ち上げ方を学ぶ理由

やりたいことが見つかった時に、実現できる可能性が高まる

高校卒業後、大学に進学する、公務員として働く、民間企業に就職する。道は、一人ひとり違いますが、「自分の人生で何をしたいのか」「どのような生き方をしたいのか」は、誰もが一度は考えることでしょう。

タイミングは人ぞれぞれですが、もしいつか、自分のやりたいこと、自分に合う働き方を見つけたとき。実現の可能性を高めてくれるのが「ビジネスの立ち上げ方」です。自分が実現したい願望や解決したい問題を形にする手法。それはまさに、自己実現をする方法とも言えます。

高校生のうちから「ビジネスの立ち上げ方」を学ぶことで、選択肢は広がり、可能性は高まります。

一部の起業家のためじゃない。いろいろな人が活かせる力

「ビジネスの立ち上げ方」は、一部の起業家だけに必要な力ではありません。個人事業主として、一人ではじめるスモールビジネス。起業家として仲間を集めて成長を目指すスタートアップ。会社員として社内ビジネスに従事する。社外で副業を始める。活用できる場面は、多岐にわたります。

高校生のうちから、将来やりたいことが見つからなくてもいい。好きなことや嫌いなことは、わからなくてもいい。他人が決めた道ではなく、自分が決めた道を歩きたいならば「ビジネスの立ち上げ方」はあなたが進むための武器になります。サイルビジネス学院高等部は、ビジネスを通じて、一人ひとりの意思を支援する学校です。

個人事業主
一人ではじめる
スモールビジネス

起業家
仲間を集めて成長を目指す
スタートアップ

会社員
事業推進・立ち上げなど
社内ビジネスに従事

会社員+副業
好きなことを
副業として始める

学びの仕組み

高校卒業に必要な学習をしながら、ビジネスの専門家が開発したカリキュラムを学びます

通信制高校サポート校

  • 主に学校生活を送る場
  • 高校卒業に必要な学習のサポート
  • ビジネスを学ぶ授業などを提供

全国から通える通信制高校

  • 高校卒業に必要な学習教材を提供
  • 高校卒業資格の取得
  • 在学証明書の発行
  • 成績(GPA)証明書の発行
  • 英文での調査書・推薦書の発行

ビジネスの専門家が研究・開発した
カリキュラムを提供します

株式会社才流(サイル)では、
再現性高く成果を出すための
ビジネスメソッドを研究・開発しています

さまざまな業種、業態の企業を支援して培った知見を、独自のフレームワークやテンプレートに転換。
ビジネス経験のない高校生でも、わかりやすく学べます。

学校の紹介

学校の概要

  • 学院名:サイルビジネス学院高等部(SAIRU BUSINESS HIGH SCHOOL)
  • 学習提携先:八洲学園大学国際高等学校(全国から入学できる通信制高校)
  • 学院長:松下 雅征
  • 開校予定年:2022年
  • 校舎:なし(オンライン通学制につき、全国から通学可)

提携先の概要

  • 学校名:学校法人八洲学園 八洲学園大学国際高等学校
  • 学校長:中村 成希
  • 創立:2000年
  • 校舎(本校):〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬1249
  • 在籍生徒数:約1000名
  • 職員数:約40名
  • 特長:年1回・最短6泊7日(沖縄)の通学方式を可能にした、日本初の通信制高校

提携校との関係

サイルビジネス学院高等部と八洲学園大学国際高等学校は、学習提携を結んでいます。
サイルビジネス学院高等部の学生が八洲学園大学国際高等学校に入学した場合、八洲学園大学国際高等学校の入学金などが免除になったうえで、高校卒業資格に必要な授業を受講できるメリットがあります。

学院長の紹介

サイルビジネス学院高等部 学院長
株式会社才流 学習支援部門責任者 兼 コーポレートグロース

松下 雅征  Matsushita Masayuki

東京都内の公立中学校から早稲田実業学校高等部へ推薦入学。
同校を主席卒業後、2011年に早稲田大学政治経済学部へ進学。
在学中に大学受験相談サービスをつくり、累計3万人以上の高校生に大学生との相談機会を提供。2016年、社会人教育や組織変革の支援をする東証一部上場企業に入社。新規事業のマーケティング部門立ち上げを担当。2020年、企業のビジネスを支援する株式会社才流に入社。同社のコーポレートグロースならびに学習支援部門の責任者として、経営強化や新規事業の開発に従事。

運営会社の紹介

会社概要

  • 商号:株式会社 才流 (SAIRU Inc.)
  • 代表:代表取締役社長 栗原康太
  • 事業内容:メソッドに基づくコンサルティング、研修
  • 支援実績:上場企業から有名スタートアップまで多数
  • 資本金:1,250万円
  • 設立:2016年7月8日
  • 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目5−3 Nagatacho GRiD

代表の紹介

株式会社才流 代表取締役社長

栗原 康太  Kurihara Kota

東京大学卒業。2011年にIT系上場企業に入社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ。事業部長、経営会議メンバーを歴任。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げる株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。著書に『事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践』(すばる舎)など。カンファレンスでの登壇、主要業界紙での執筆、取材実績多数。

Twitter|  Facebook| notemailmagazine

書籍紹介

事例で学ぶ
BtoBマーケティングの戦略と実践

出版社 すばる舎
刊行日 2020年11月22日

BtoBマーケティング虎の巻
ツール・手法を導入する前にすべきこと

出版社 翔泳社
発売日 2020年3月15日

支援実績