SEO会社が決して教えてくれない、失敗しないSEO会社の選び方。 | DOER NOTE

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

マーケティング

SEO会社が決して教えてくれない、失敗しないSEO会社の選び方。
村上 薫

SEO会社が決して教えてくれない、失敗しないSEO会社の選び方。

BtoBマーケティングを行う上で、キーファクターの一つとなるSEO対策。内部にリソースがない場合外注となるわけですが、SEO会社の選定に苦労する方も多いのではないでしょうか。

業界内で有名な会社であっても、その得意分野はさまざま。今回は、SEOコンサルティングを専門とする村上薫さんに、BtoBマーケティングにおけるSEO会社の選び方を指南していただきました。

 

村上薫と申します。私は、普段様々なウェブサイト・ウェブサービスにおいて、SEOのコンサルティングとして改善案件に携わっています。今回は「もし私がクライアントの立場にたったら、どのようにSEO会社を選定するのか」についてお話します。


ポイントは以下の通り。

・SEOの定義がバラバラだと、問題が起こりやすい
・ウェブサイトの形によって、成果が出る・出ない施策がある
・「評判の良い会社」だから成果が出るとは限らない
・肝心なのは、流入が増えた後どうするか


ひとつずつお話しましょう。

 

SEOの定義がバラバラだと、問題が起こりやすい

SEO対策を発注するとき、どんなイメージをお持ちでしょうか?

・コンテンツ作成
・キーワード調査
・内部改善

状況によって、何をすべきかは変わってきます。多いのは、「とりあえず内部改善をやってほしい」で依頼したものの、成果が出ないというケースです。

SEO=内部改善 というだけだと失敗の可能性は高くなるでしょう。


ウェブサイトの形によって、成果が出る・出ない施策がある

はじめに理解したいのは、ウェブサイトの形によって成果が出る施策・出ない施策があるということです。

大きく整理するとウェブサイトは

・大量の情報を探せる検索型(例:モノタロウ)
・製品情報が載っている製品ページ(例:サンサンの製品ページ)
・製品情報や検索サイトの集客を強化するメディア(例:freeeの経営ハッカー)

この3つに分けることができます。以下のように整理できます。

 

  効く 効かない
 MonotaRO
(モノタロウ)のような検索型
・ディレクトリ構造の整理
・リンク構造の改善
・重複ページの解消
・低品質ページの解消
・詳細ページのコンテンツ強化
・一覧ページのコンテンツ強化
・メディアを組み込む 
既に内部改善のレベルが偏差値55であれば、より細かい改善をやっても見込める成果は限定的
サンサンのようなカタログ型 ・コンテンツを増やす
・メディアを作って連携させる
細かな内部改善
経営ハッカーのようなメディア型 コンテンツを増やす

細かな内部改善

 

よくある失敗例としては、

・カタログ型やメディア型にもかかわらず、細かい内部改善を提案され成果がでない
・ある程度の内部改善ができているのに、より細かな内部改善を提案され成果がでない


といったことが見受けられます。私は「A社から細かい内部改善がでたものの、さっぱり成果が出ない」という相談を過去何度か受けていますが、

・コンテンツが必要なケースなのに内部改善をやっている
・ある程度内部改善ができているのに、さらに細かい内部改善をやっている
・内部改善が必要にもかかわらず、担当者がコスパの良し悪しを整理できていない


結果、プロジェクトが停滞してしまうというケースがありました。

 

「評判の良い会社」だから成果が出るとは限らない

たとえ世間的に評判が良いとしても、得意領域と不得意領域が各社あります。
私が発注側の立場だとして、相談をしたいパートナーをウェブサイトの形態ごとに紹介しましょう。
※あくまで筆者の周囲の評判をもとにした私見です

 

  相談する会社
 MonotaRO
(モノタロウ)のような検索型
・アユダンテ
・アイレップ
・ナイル
・Speee
・ウィルゲート
サンサンのようなカタログ型 ・ルーシー
・モルツ
・株式会社note
・forUSERS
・株式会社猿
・ソウルドアウト株式会社
・フリーランスの元事業会社マーケター
経営ハッカーのようなメディア型 ・ルーシー
・モルツ
・株式会社note
・forUSERS
・株式会社猿
・ソウルドアウト株式会社
・フリーランスの元事業会社マーケター


検索が絡むテクニカルな領域であれば、上記の会社に発注するのがおすすめです。

肝心なのは、コンテンツ作成が絡む領域をどのパートナーと取り組んでいくのかになります。
toCサービスであればクラウドソーシング会社も含め、検索型に強い会社も候補に上がりますが、btob領域の情報はライティング人材が簡単に外部化できません。


そのため、コンテンツ作成のインハウス化を支援してくれるようなパートナーが必要になります。
そういった点でルーシー社や、ルーシー出身のコンサルタントが在籍するモルツ社はおすすめです。
実際、btobメディアである「ボクシル」はモルツによって成果を出しているようです。

もしくは事業会社出身(価格コムやリクルートなど)でコンテンツマーケティングの経験があり、今はフリーランスという方をビザスクで見つけ、常駐してもらうことも検討します。


肝心なのは、流入が増えた後どうするか

monotaroのような検索型サイトであれば、流入が増えればCVや売上は増えるでしょう。

ただしカタログ型やメディア型は、コンテンツを追加すればGoogleアナリティクス上のユーザー数は増えますが、最終的なCVや売上につながるとは限りません。

 

BtoB領域において、ビジネスの成果につなげるためには

①SEOで流入を増やし
②カスタマーボイスを見てもらい
③問い合わせの必要性を作るためのホワイトペーパーを用意し
④問い合わせしてくれたお客様に架電やCRM活動

ということを行なう必要があります。

SEOで解決できるのは①だけなので、②~④をどうするのか始めに考えなければなりません。こういったパートナーを検討するのが良いでしょう。

■相談する会社

○カスタマーボイス作成:株式会社カスタマワイズ、株式会社グラペイン
○ホワイトペーパー作成:ワンマーケティング株式会社

村上 薫

大学在学中、ITベンチャーを起業。自ら経営者として様々なウェブサービスの運営を行いつつ、コンサルタントとして様々なサービスの改善を行ってきた経験を持つ。 このコラムでは経営者としての目線を元に、“実利になるマーケティングとならないマーケティング”というテーマで情報を発信していく。

メルマガ登録

DOER NOTEの人気記事や運営の裏話を毎週月曜日に配信しています。


 

マーケティング