人事が入社したのに、採用スピードが鈍化してしまった。 | DOER NOTE

外部CMO型マーケティング支援 | 才流(サイル)

プロジェクト推進

人事が入社したのに、採用スピードが鈍化してしまった。
山根 一城
  • 著者/山根 一城
  • 株式会社Potentialight 代表取締役

人事が入社したのに、採用スピードが鈍化してしまった。

「山根さん、やっと人事を採用することができたんですよ」

 

あるベンチャー企業の社長様が、嬉しそうにお電話をくださいました。僕が採用支援をさせて頂いていた企業様は、社員数が30名程度。今期の採用人数は20名を見込んでおり、このタイミングで人事専任の方を採用したいと目論んでいました。そして、1名の方を採用することができたんです。


1人目の人事を採用することができた。一見順調そうに見える出来事ですが、期待とは逆効果になってしまうことも多々あります。


人事が入社することには、メリットとデメリットがあるのです。それを記載してみます。まずはメリットからです。

 

========================

 

◇メリット

(1)採用業務を人事に振ることができる

Wantedlyの記事投稿、書類選考から面接日時調整、エージェントとのやり取りなど、採用業務の中のルーティン業務を振ることができます。

 

(2)採用ノウハウが自社に溜まる

採用経験がない社長はノウハウがないため、ノウハウをキャッチアップしながら進めていく必要がありました。採用経験がある方がジョインすれば、それまで蓄えてきた採用ノウハウがあるため、自社の採用もスケールすることが期待できます。

 

(3)スピードが上がる

専任担当ですので、採用業務スピードは上がります。
クイックレスポンスをすることにより、求職者様のイメージも良くなりますね。

 

========================

メリットはこれ以外にもありますよね。
人事を採用できた!とホッとする社長様も多いのではないでしょうか。

 

ただ、人事が入社することによって逆効果も考えられます。ご注意を。
デメリットを記載します。

========================

 

◇デメリット

(1)判断スピードが落ちた

エンジニア、デザイナー、経営企画など人事担当が書類選考ジャッジが難しい職種は、人事担当はジャッジができません。各担当に書類選考を回して結果を待ちます。

今まで社長様が数時間でジャッジしていた書類選考を、人事⇒各職種担当⇒人事⇒求職者へご連絡と、時間がかかってしまうのです。この時間が1週間とか経過してしまうこともあります。

 

(2)既存のノウハウに固執してしまう

人材業界出身、もしくは別企業で採用担当をされていた方は、「今まで経験してきた採用手法」で採用活動を進める傾向にあります。ただ、業界や企業規模によってマッチする手法は異なりますし、ここ最近はトレンドの採用手法が1年ごとに変わります。エージェント⇒Wantedly⇒リファラル採用のように。

今までの採用手法に固執してしまった結果、採用活動がスケールしなくなってしまう事例も多々あります。

 

(3)各担当とコミュニケーションが取れなくなった

社長からすると目に見えない問題かもしれません。ただ表面化しないだけで、色々な企業様で問題になっていることが多々あります。


例えば、

 

 

などです。


「いやいや、うちの会社はそれは無いだろう」と思っている社長様も多いかと思いますが、問題点が表面化していないだけで、実はうまくいっていないケースを僕は何十件も見てきています。

 

また、上記(1)に似ている話で言うと、「業務スピード」もネックになることが多いです。
社長⇒採用担当に「あれ、やっておいて」と言ったことに対して、採用担当が覚えてはいるものの取り組んでいない、というケースもよく見受けられます。採用業務はどうしても受け身になってしまう業務が多いため、攻めの姿勢で主体的に取り組めている採用担当の方って意外と少ないものです。

 

「人事を採用できて良かった!」

 

とホッとする前に、きちんと人事もマネジメントすることをオススメします。「問題点が表面化することは無いと」割り切ってマネジメントをしていただいたほうがうまくいくことは多いでしょう。

 

採用業務は専門職です。専門的なスキルを持った方が入社した際に、全てお任せしようと信頼することは素晴らしいのですが、1年経過して、全く人材を採用できなかった、という結果が出てしまう企業様もあります。

 

今回は少々ネガティブな話になってしまいましたが、自社に人事担当がいる企業様ほど、上記のデメリットが自社で発生しているかどうか、確認してみると良いでしょう。

山根 一城
  • 著者/山根 一城
  • 株式会社Potentialight 代表取締役

株式会社ネオキャリアに入社後、キャリアカウンセラー 兼 営業として4年従事。その後、IT/インターネット/ゲーム業界に特化した人材紹介会社の立ち上げに参画。2014年、同社取締役に就任。2017年4月に株式会社Potentialight創業。 これまで担当してきた企業実績700社以上。キャリアカウンセリング実績4,000名以上。転職先支援実績600名以上。転職決定率:同業カウンセラーの4倍程度。リクナビNEXT主催のキャリアカウンセラーランキングでは1位を獲得(3,000名中)。

メルマガ登録
DOER NOTEの人気記事や運営の裏話を配信しています。


 

マーケティング戦略立案・実行のスピードを上げたい企業へ

「マーケティングを強化したいが、社内にリソースがない・・」「マーケターの採用がスムーズに進まない・・」などの課題を持つ企業様向けに、戦略立案はもちろん、施策を「実行」するまでを徹底的にサポートします。

サービス紹介資料請求

プロジェクト推進