マーケティングが進んでない、と感じたらチェックしたい4項目 | DOER NOTE

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

マーケティング

マーケティングが進んでない、と感じたらチェックしたい4項目
栗原 康太
  • 著者/栗原 康太
  • 株式会社才流 代表取締役社長

マーケティングが進んでない、と感じたらチェックしたい4項目

クライアント企業とマーケティング活動を一緒に進める中で、ときにプロジェクトが停滞してしまうことがある。

 

アイデアが出なくて苦しい、、成果が出なくて苦しい、、よりも、そもそも「施策が進まなくて苦しい」、、ケースが圧倒的に多い。

 

そこで、施策が進まなくなる時のフラグを社内で話し合ったので書いてみる。

 

1.マーケティング担当が兼務で忙しい

当社がプロジェクトをご一緒するベンチャー、スタートアップ企業はリソースが限られているため、マーケティング担当者はCOO的な業務や広報、営業を兼務している。

 

すると、他業務に脳のリソースが圧迫され、マーケティング活動に頭を使う余裕がなくなっていく。

 

結果、戦略立案、タスク実行、施策の軌道修正ができなくなり、プロジェクトは前に進まなくなる。

 

次々と事業立ち上げを成功させているある経営者は『新規事業は兼務では難しい。集中しないとうまくいかない。』と言っていた。マーケティングゴールを達成する一連のプロセスも、もはや一つの事業立ち上げに近い行為なので、ベストはフルコミットのメンバーがいることだろう。

 

2.定例会議を持っていない

マーケティング担当者は、なにか手を打たなきゃ、、と思ってはいるけど、そのまま一ヶ月、二ヶ月と時間は過ぎていく。

 

そんな時はマイルストーンとなる、社内のマーケティング定例を開催していない場合が9割だ。

 

定例会議があれば少なくとも週に1時間はプロジェクトについて考えるようになるし、会議に間に合わせようと、多少なりとも施策は進む。

 

まずは週1回、1時間の会議を設定することが最初の一歩だろう。


3.ユーザーや顧客と会っていない

マーケティング戦略、施策の検討が進まない時は、顧客と接しているか、をまずはチェックしたい。

 

営業同行、ユーザーヒアリング、ユーザーテストなどで定期的に顧客と接していれば、顧客の行動やニーズを理解できるため、アイデアや戦略が立てやすい。

 

逆に、Google Analyticsやヒートマップ、スプレッドシートの数字を眺めているだけでは、アイデアは思い付きにくい。

 

4.議論が前に進まない

1~3のフラグの結果として、施策結果のデータや、ユーザーの声が溜まっていないので、アイデアの企画や意思決定がしづらくなり、会議が長引きやすい。

 

会議がダラつきだしたら、新しい情報や視点を得るために、まずは何も考えずにライトな施策を進めたり、社内・社外の識者に相談したり、とりあえず、なにかの行動を取ることをオススメする。

 

解決策は、粛々と手を打つこと

1~4のフラグを振り返ると、マーケティングプロジェクトをスムーズに進めるには、

 

 

などの基本的なことを粛々とやることが大切。

 

先日、SmartHRの代表・宮田さんが『米国ユニコーン企業並の成長を実現するマーケチームの天国と地獄』でマーケティング施策の大失敗事例を書いていた。あれほど急成長している会社のマーケチームでも、百発百中で施策を当てているわけではないし、失敗を恐れず、膨大なトライを繰り返している。

 

天才的な戦略や誰かのスーパープレーよりも、実行力の有無がプロジェクトの成否をわけるのだろう。

 

【無料ダウンロード】BtoBマーケティングを成功に導くサイル式マーケティングメソッド
【無料ダウンロード】BtoBマーケティング戦略立案のTodoリスト

栗原 康太
  • 著者/栗原 康太
  • 株式会社才流 代表取締役社長

2011年にIT系上場企業に入社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ。事業部長、経営会議メンバーを歴任。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げる、株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。 より良い物事の捉え方・進め方を「サイル式メソッド」として発信しています。

この著者のSNSアカウント

メルマガ登録

DOER NOTEの人気記事や運営の裏話を毎週月曜日に配信しています。


 

マーケティング