BtoBセミナーで成果を上げる企画・集客・フォロー方法 | DOER NOTE

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

BtoB企業のマーケティング支援なら才流(サイル)

マーケティング

BtoBセミナーで成果を上げる企画・集客・フォロー方法
澤井 和弘

BtoBセミナーで成果を上げる企画・集客・フォロー方法

BtoBマーケティングにおいてセミナーは欠かせない施策のひとつですが、企画・集客・当日運営・申込者へのアプローチなど、やるべきことはたくさんあります。今回はセミナーで受注を増やすための企画・集客・開催後フォローまでのやり方をご紹介します。

 

1.セミナーの成功は企画で決まる

ターゲットを明確にする

ターゲットが不明確だと、セミナーの内容も決まりません。どの業界向けか・現場担当者か役職者向けか・検討フェーズは深い人向けか浅い人向けか、などターゲットによりセミナー内容が変わってくるので、まずは明確にしましょう。

 

見込客が知りたいこと・解決したいことを切り口にして企画する

自分たちが伝えたいことをただ伝えるセミナーだったら、参加者の満足度は上がりません。検討フェーズが浅い人向けには業界のトレンドや課題の明確化と解決策の提示、検討が進んでいる人向けには具体的な解決策(サービス紹介含む)を提示するような内容にします。

 

わかりやすく興味が持てるタイトルをつける

ターゲットと内容が決まったら、セミナーのタイトルを決めます。曖昧な表現は避け、具体的にどんなことが学べるセミナーなのかがわかるタイトルにしましょう。

 

KPIを決める

セミナーをやるからには成果につながらないと意味がありません。受注目標から逆算して商談数・集客数の目標を決めます。ターゲットによっては成果がでるまで時間がかかるケースがあります。3ヵ月後の目安にして目標を決めると良いでしょう。その後、6ヵ月後までは毎月評価を行いましょう。

 

2.セミナー集客は露出量がカギ

参加者が多いほど集客は大変です。セミナー集客はメルマガを中心に行いつつ、あらゆる方法を使って露出を増やしましょう。

 

開催3週間前から集客を始める

セミナー規模にもよりますが、100名以下のセミナーであれば3週間前から集客を開始しましょう。集客開始時期が遅いと集客が厳しい時に追加施策が打てなくなります。また、あまり早く集客してしまうと当日の出席率が低くなってしまうので、3週間前を目安に集客を開始するといいでしょう。

 

多くのチャネルで集客をする

とにかく多くの人にセミナーを告知します。主な集客経路を記載するので参考にしてください。

 

 

3.セミナーフォローは開催前から行う

セミナー開催前フォローの実施

セミナー開催前にフォローコールをすることで、商談化率を高めます。必ず開催前フォローを実施しましょう。

開催前フォローコールの例

 

セミナー当日のフォロー

セミナー会場で開催前フォローコールをした方に挨拶をします。すべての参加者をフォローするのは難しいので、事前に対応の優先順位を決めておきましょう。

当日フォローの例

 

セミナー開催後フォロー

セミナーが終わった翌日にはアプローチを開始します。セミナーに参加して関心度が高まっていても、アプローチするのが遅ければ関心度も下がってしまいます。アンケート結果や当日フォローの内容に応じて、優先順位をつけスピーディーに対応します。セミナー欠席者にも忘れずに連絡をして課題をヒアリングし、状況に応じて商談・セミナーの概要をお伝えできるなどの理由でアポイントにつなげましょう。

 

まとめ:参加者を増やし接点を強化すれば、セミナーの受注率は上がる

マーケティングでは接触回数を増やすことが重要だと言われていますが、セミナーにおいても重要です。集客から申込者へのフォローまで、濃い接点をしっかり持てるかどうかが成果を出すためのポイントです。

 

個人情報入力不要でセミナー・イベント企画書を無料でダウンロードできます。ぜひ活用してセミナー・イベントを成功させてください!

無料でセミナー・イベント企画書をダウンロードする(個人情報入力不要)

※ファイルから「コピーを作成する」を押して、お使いください。

澤井 和弘

求人メディア運営会社にて営業・マーケティング・新規事業の立ち上げを担当。その後、フィードフォースに入社し、マーケティングチームの立ち上げ・事業責任者などを努め、デジタルマーケティングに関するメディアへの寄稿やB2Bマーケティングに関するイベント登壇などを行う。2019年2月より株式会社才流にてマーケティングコンサルタントとして活動。

マーケティング