採用ブログ

才流の設立経緯と、目指す未来。
質の高いメソッドメーカーが集う企業に

メソッドを確立し、世界中に広め、「才能を流通させる」ことをミッションに掲げる才流。

本記事では、

  • 才流設立までの経緯
  • 将来の才流が目指す姿

を紹介します。

(編集/中島 孝輔


著者紹介

栗原 康太  Kurihara Kota

1988年生まれ、東京大学文学部行動文化学科社会心理学専修課程卒業。
2011年にIT系上場企業に入社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ。事業部長、経営会議メンバーを歴任。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げる株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。
カンファレンスでの登壇、主要業界紙での執筆、取材実績多数。
@kotakurihara


才流のはじまりは、マーケティングコンサルティングではなかった

才流の事業内容はもともと、マーケティングコンサルティングではありませんでした。

私の前職であるガイアックスで立ち上げた新規事業の事業譲渡から、才流の歴史は始まります。事業内容は、フリーランスと企業のマッチングサービスでした。

当時、ガイアックスの事業は、シェアリングエコノミー領域にシフトしていたのにも関わらず、私が注力していた新規事業は、その流れにまったく乗っていませんでした。

しかし、新規事業はどうしても続けたかった。事業譲渡を交渉し、ガイアックスから資金の援助をいただいて、半年ほど開発に注力しました。

2017年のはじめに晴れてリリースできたのですが、しばらくして事業を停止してしまいました。

事業の収益は早い段階から上がっていたのですが、フリーランスと企業をマッチングさせたあと、人材が企業で活躍するまでをコントロールできなかったんです。

そのとき、「マッチングさせるだけでは社会に影響を与えられない」と気づき、事業のクローズを決心しました。

人材が活躍できるかどうか、は企業側の環境に依存する。この考えから、「企業側へのアプローチこそ、社会へ影響を与えることができる」と思い、事業をマーケティングコンサルティングにピボットしました。

 

才流メソッドを世界標準に。

素晴らしい思想や方法論が世の中に流通すると、物事をうまく進められる人が増えます。

例えば、

これらの本を読んで、多くの人は行動を変えますよね。思想や方法論は人の行動を変える力がある。人に良い影響を与えることができるメソッドを開発し、世界中に流通させていきたい。

 

「才能を流通させる」

より多くの人が自らのパフォーマンスを最大限発揮できる世界の実現を目指し、社名は才流と決めました。

将来的に「GoogleやFacebook、トヨタやソフトバンクも才流のメソッドを学んでいる」状態を目指しています。

 

メソッドメーカーを、これからも仲間にしていく

まだまだ才流にはメソッド開発力が足りません。

各々のメソッドメーカーのレベルは高いですが、まだ数が足りない。5年後には100人規模を目指し、組織を徐々に大きくしていきたいです。

私はもともと、積み上げ型の思考をするタイプの経営者です。そのため、サービス品質の低下を伴いつつ一気に伸ばす手法があまり得意ではありません。採用も同様で、人材の質を犠牲にしながら、人員を増やす考えは頭にありません。

引き続きこだわりを持って採用活動をしていきます。
 

 

マーケティング戦略立案、実務代行、内製化支援まで