catch-img

読まれるメルマガの4つの基本

メールマガジン送っていますか?BtoBマーケティングにおいて、メールマガジンは欠かせない施策のひとつです。しかし、メルマガに関する悩みや課題は非常に多く、どうやって改善していいかわからない・効果が改善しないという相談をよくもらいます。そこで今回はメルマガで成果を出すための方法をまとめました。


メルマガの効果がアップする4つの基本

1.見込客にとって、役に立つ情報を提供する

メルマガでサービスの案内ばかり送られてきても、興味がなければ閲覧してもらえません。潜在層から明確層まで、どの層にどんな内容を送れば興味を持ってもらえるのかを意識してコンテンツを考えましょう。


2.ターゲットとメッセージを合わせる

ターゲット毎にどんな内容を提供すればいいのか決まったら、それに合わせてメルマガ配信を行う必要があります。そのためにはリスト管理が重要です。全リストを「ホットリスト」と「コールドリスト」に分類し、ホットリストには商談に繋がる内容(サービス紹介、サービス紹介セミナーの案内、新機能の紹介など)を、コールドリストにはお役立ち情報(ブログ記事の紹介、ホワイトペーパーの案内など)を送りましょう。


3.「人」感を出す

メルマガを受け取るのは人です。どんな会社のどんな人がメールを書いているのか、受け取る側も気になります。書き手がどんな人なのかわかれば愛着が湧き、開封率の向上・解約購読解除率の低下が見込めます。

送信元に個人名を表示し(会社名や部署名だけにしない)、冒頭では個人名を出して挨拶をしましょう。


4.「1メール1メッセージ」を徹底する

1つのメールにたくさんの情報が書かれていると、何を伝えたいのかわからなくなってしまいます。1つのメールで伝えることは1つに絞りましょう。また、メッセージを絞ることでその後のサイトへ誘導するなどの導線設計もわかりやすくなります。


他、件名の付け方・メルマガの基本構成・チェックすべき指標がまとまった資料を個人情報入力不要でダウンロードすることができます。効果的なメルマガを配信するためにぜひ参考にしてください。

【個人情報入力不要】メールマガジンのベストプラクティス

尚、この資料は配配メールを提供する株式会社ラクスの安藤様に監修していただいております。

BtoBマーケティングの基礎が学べる「SAIRU Academy」が開講中です!

澤井 和弘

著者/ 澤井 和弘

求人メディア運営会社にて営業・マーケティング・新規事業の立ち上げを担当。その後、フィードフォースに入社し、マーケティングチームの立ち上げ・事業責任者などを努め、デジタルマーケティングに関するメディアへの寄稿やB2Bマーケティングに関するイベント登壇などを行う。2019年2月より株式会社才流にてマーケティングコンサルタントとして活動。

執筆した記事一覧

BtoBマーケティングの
戦略立案から施策の実行まで支援します